CRPGまにあ

The Elder Scrolls V: Skyrim - 9年で3回

投稿日:2011/12/08 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:2  | トラックバック:0
TESV 19-12-57-67
Summerset Isleは何作目になるのだ

タイトルに深い意味はありません。2002年の衝撃、2006年の再会、2011に感心。取り敢えず適当なキャラクターを作ってそこらを徘徊し始めたところですが、起動時のランチャーでAAを設定しても、再起動すると初期化される不具合があるようだ。開始毎に設定し直せばいいのだが、手間が掛かる。

※ランチャーの「オプション」を開いてしまうと初期化されるようです

SkyrimPrefs.ini の bFXAAEnabled を「1」にすればFXAAが有効になるようだが、Skyrimはどちらかと言うとジャギーが余り気にならないタイプのゲームだろう。と言うよりコンソール重視で開発されたゲームの特徴として、低解像度だとしても non-AA だとしても、画像に粗が表れ難い作品が多いような気がする。

色んな地域に行った訳ではないので信頼のおけぬ所見になりますが、グラフィックはOblivionと比較すると順当に向上していると思えた。

Oblivion 06-53-00-00

あえて小さくしておきましたけど、こうやって比較してみると、あれだけ美しく見えたOblivionでも、やはり旧作だなと感じてしまう。

TESV 19-04-13-35
赤丸の皮膚に注目

ここ数年のゲームはずっとDirectX9に縛られている訳ですが、それでも人体の表面は以前のゲームより進歩しているだろう。そこだけしか大して違いがないのかもしれないけど、グラフィックの進化が停滞しているからこそ、何をプレイしても軽い現状を喜ぶしかない。無論、Skyrimは結構軽く感じるゲームである。

続きはスクリーンショットだけです
やっぱりTESは良いゲームだ。世界有数のコンピュータRPGでありながら、バカゲーの魅力も備えている。この味は他では絶対に味わえないだろう。

TESV 01-22-50-86
ノルドの女子で遊ぶことに決める

TESV 02-43-44-77
TES3 Solstheimを思い出す

TESV 01-47-17-50
嫌な役職ですな

TESV 03-09-42-98
こんなのが棲息していたけど、走り回るから顔が見えなかった

TESV 03-31-54-55
お店に行き着く。この鎧はSkyrimらしいデザインで好みだ
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

購入されたんですね。
しかしJP版ダウンロード手順の説明との食い違いはさすがに、おいおいと思いました。昨晩解禁までずっとまってたんですが、そんなオチだったとは(あの説明がなければ、普通にプロパティの言語設定見てたと思うんですが)。

ショックを受けたのが、以前のバージョンと操作性が大幅に変わってるという。完全にコンシューマーを念頭においた操作性に書き換えられてる感じになってます(以前はマウス操作も快適だったんですが)。
なぜお気に入りリストからの装備設定で、右手装備割り当てがEキーで、左手装備が右クリックとかそんな仕様にしたのやら…。

ともあれ、最初からやりなおしてますがゲーム自体はやはりよく出来てるなぁと。
日本語版は、やはりいい感じです。
楽しんでください。

Re: No title

>>Blackstarさん

恐らくまともにSteamを触ったことがある人が居ないんじゃないのかなあ。常に的外れなことばかり告知してますし。EU版や他DL販売サイトで購入した場合の言語仕様は、大人の事情で言いたくても言えないとか、そんなところだと思いますけどね。

5時間ほどプレイしてみましたけど、ゲームとしてはOblivionの正当進化で言うことなしですが、UI周りと操作性は確かに酷いですね。PC版初代アサクリがその手の酷さでは不動の一番だと思ってますが、次いでラスレムと並ぶほどSkyrimのは困りものかなあ。

コマンド選択をクリックに頼っているとかなり疲れるシステムなので、私はWASDで動かして、マウスの左ボタンが常にEnterキーなので、変則パッド風に操作しています。これならそこそこ快適に動かせてますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター