CRPGまにあ

危険すぎるTES熱

投稿日:2011/12/11 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
TESに触れると現実世界に帰ってこられなくなるから、それを危惧していたことも距離を置いた1つの理由であったが、やっぱりこれは危ない。Oblivionの軽い設定のみでも、全てを忘れて没頭している私がいた。

Oblivion 12-59-22-29
MODはUI系と日本語化のみ

購入したOblivion Game of the Year Deluxeは、本体と拡張のShivering Isles(以後SI)と、DLC 9つがセットになった品で、日本語化MODは本体+SI用のメインと、本体+SI+Morroの訳本MOD、DLCは9つ全ての日本語化ファイルが揃っており、正に至れり尽くせりで有り難いことです。

使い慣れていたBTModが何故か有効にならなかったので、原因を探るよりも新たな物をと考え DarkUId DarN を入れてみた。DarkUId DarN はフォントの行間や字間などの調整が些か面倒であるが、手間を掛ければそれ以上の見返りがある素晴らしいUI MODだと感じた。

Oblivion 12-59-30-11
フォントサイズと字間をもう少し詰める必要があるが、取り敢えずこれで

Oblivion 12-59-58-00
フォントは太くてくっきりメイリオを使用している

Oblivion 10-45-03-02
こちらも読み易いサイズに調整

DarkUId DarN はOBMMで有効化したので、追加espはJP BooksとJPWikiModの2つだけというシンプルな構成になった。記憶している限りでは、以前のプレイ進捗度はメインクエストが1/3ほど、派閥クエストはMageが1/2、Fightersが触りだけ、他は全く手付かずなので、この状態でも相当楽しめそうである。

久々にOblivionをインストしたわけで、グラフィック設定は定番ともいえる WUXGA 4xAA AFx16 in-game option max、発売当初は負荷を下げるために ini にも手を入れていたが、今回は ini は全く触らず、この設定でも現行PCだとストレス無く動くので、発売から5年経ってはいるが、いまこそOblivionを快適に遊べる時代が到来したのかもしれない。

※効果が反映されているか確認していないが、Skyrim設定のまま Adaptive Multi-sample AA とCatalyst A.I.をHigh Qualityにしてあります。若干だがこの設定で重くなるからね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター