CRPGまにあ

Catalyst 12.1 preview を入れてみたが

投稿日:2011/12/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
そろそろ HD7000シリーズの足音が聞こえてきそうなRadeonですが、ドライバの 12.1previewを試してみた。今回の目玉は、以前のCCCでは可能であったアプリケーションごとの3D設定が出来るようになるというもの。アプリごとの設定はNVIDIAドライバの3D設定の管理がとても扱い易いが、新たなCCCの出来は如何に。

cccview.jpg

NVIDIAでは先に exeファイルを指定してから個別に設定していくのだけれど、新たなCCCは逆の手法を用いており、はっきり言って分かり難い。NVIDIAで例えるとグローバル設定上で調整した後に exeファイルを選択するという順になっているようで、設定後は画像のアプリケーション プロファイルという項目でただ確認できるだけなのだ。もう一度変更するには同じ手順を踏まねばならず、煩雑といった印象しか受けない仕様である。

使い易いのだからNVIDIAのをそのままアレしちゃえばいいものを。ちなみにドライバ側からSkyrimのAAが有効にならなくなったが、SkyrimLauncherからやれば問題はない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター