CRPGまにあ

Oblivion - あの町の美人さん No.1

投稿日:2011/12/24 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
難易度に関する頭が痛い話はあれで終わりにして、誰もが好きな美人キャラクターの話題。男子は言うまでもないが、女子であっても美人には興味があるから、やっぱり皆の羨望の的なのだ。

とは言ってもここはTamrielというゲーム内の世界である。世の中では化け物だらけのゲームというレッテルを貼られているOblivionだが、奇跡的に美人として存在しているキャラクターが居るのである。私はテクスチャ系MODは入れずにプレイしているので、Oblivion素のままの姿、素のままの美人をピックアップしてみよう。

全てを歩き回った訳じゃないので、今回は第一弾になりそうだ。


・Bruma

Oblivion 19-06-22-00
吟遊詩人の Alga(Nord)

画像の後ろに写っている男が旦那なのだが、教会などくそ喰らえとのことで式は挙げていないようだ。Algaは内縁の妻ということになるのですが、Nordらしく夫婦揃って酒場で宴を張る姿が度々見受けられる。吟遊詩人としてかなり定評のようだが、歌う姿は披露してくれない。

Oblivion 00-05-11-65
Bruma Mage Guild 支部長 - Jeanne Frasoric(Breton)

BrumaはSkyrimに近い地方で、Nordと魔法の関係が薄いことからか、Bruma支部はCyrodiilのMage Guildで一番評価が低いようだ。そのギルドを束ねる長は若い女性であり、お世辞にも魔術の造詣が深そうに見えないが、それもそのはず、Jeanneは上に取り繕う術に長けているようで、魔術の才能が低いのにBruma支部の長に上り詰めたようだ。

そんなJeanneを快く思わない2名にいつもイタズラされているようで、大人気ない連中だがプレイヤーも事の一端を担う立場になってしまう。写真映えしているだけでJeanneはそれほど美人ではないのだけど、面白いエピソードだったのだ。



・Cheydinhal

Oblivion 01-42-04-77
Cheydinhal Mage Guild 錬金術師 - Eilonwy(HighElf)

Eilonwyは人妻であるが、HighElfにしては珍しく色白で肉感的に見える熟女である。画像の男は旦那ではないが、舐めるような目線が全てを物語っているだろう。ちなみに旦那もMage Guildのメンバーである。※どうやら結婚はまだのようで、熟女ではないらしい。



・Skingrad

Oblivion 15-09-16-31
Skingrad教会のシスター Marie Palielle(Breton)

シスターという職業柄、清廉潔白かつ穢れていない印象が強く、それでいて美形だから、Oblivionの美人さんとして一二を争う逸材かもしれない。物語に深く関わってくることはないが、Oblivion Gateの戦いでAttributeにダメージを受けてしまったときは、Marieの教会へ治療しにいく機会が非常に多かった。

Oblivion 22-57-01-87
愛想も良いシスターである

話をしてみると、Skingradはブドウ園や農場に牧草地など、自然との繋がりが深く、この美しい町を大変気に入ってるようだ。治療術に長けているようで、Restorationのトレーニングもしてくれる。

Oblivion 15-11-23-94
Tamikaブドウ園の従業員 Bernadette Peneles(Breton)

件の「マヂキチ君」と関わってくるBernadetteだが、畑を耕す女なので顔は土で汚れているし、着ている服は如何にも労働者である。しかし、顔つきはなかなか美形であるし、働く姿に心打たれる男子が沢山いそうに感じられる。例のマヂキチ君も惚れていたのではないだろうか。

Oblivion 00-51-57-38
Skingrad Fighters Guildの弓使い - Parwen(WoodElf)

女性メンバーも大勢いるFighters Guildだが、無骨な女ばかりの中 Parwenは見た目は可憐な女だろう。見た目”は”、というところがポイントだが。夜間にGuildへ訪れると、Parwenを始めメンバー一同が寛いでいる時間帯があり、隣に座ってお喋りロールプレイを行いやすい相手だ。

Oblivion 01-24-38-13
話してみると戦術オタクであることが発覚

どうやらゴブリンを仕留めたちょっとした記録を有しているようで、戦いに於ける間合いの取り方を語りだした時の目の輝きが印象的だった。初歩的な弓のトレーニングも受け付けてくれるようで、別れ際の「さぁ、ぶちのめしてこい」の台詞は彼女にぴったりだ。



・Cloud Ruler Temple

Oblivion 00-29-47-83
Bladeのメンバー - Caroline(Breton)

Cloud Ruler Templeは町ではないのだが、男ばかりの場所かつ緊迫した状況の中、話を受け付けてくれる女性戦士として印象深かった。彼女がヘルメットを取った姿を見ることはできないが、Bretonながら鎧を着た女戦士という珍しい境遇の人物である。



・Kvatch

Oblivion 12-51-17-99
急襲され逃げ延びた先のKvatchの女性 - Sigrid(Nord)

Kvatchは解放して以来一度も足を運んだことがない。Sigridは少し会話した程度だったが、画像を見てみるとなかなかの美人であることに気づいた。



・Chorrol

Oblivion 22-48-04-05
Chorrol 商店の娘 - Dar-Ma(Argonian)

Dar-Maは絶対に外せないだろう。恐らくOblivionで最も印象的なキャラとして私の心に刻まれたに違いない。母親は店を経営しており、礼儀正しく気持ちの良い店であることと、出会った瞬間からいきなり友好的すぎるDar-Maは非常に笑えた。

Oblivion 22-34-40-01
誘拐拉致事件 渦中の1枚

こう見えてもDar-Maは少女であり、人間で言えば16~17くらいなのではないだろうか。一刻も早く放れたい拉致現場から逃げようとする時でも馬を気遣う優しい少女で、事件が解決してからの「わたしのヒーロー!」は何よりのクエスト報酬だった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター