CRPGまにあ

Morrowind Overhaul 2.0を試す

投稿日:2011/12/28 |  カテゴリー:The Elder Scrolls III: Morrowind  |  コメント:0  | トラックバック:0
Morrowind 22-37-07-89
Oblivionを超える美しさ

Morrowind Overhaul

2.0を導入してみましたが、インストール工程の大半を Auto で行えるようになったので、Morrowind MODに馴染みがない人でも気軽に試せるようになったことだろう。解像度を指定したり、ExeOptimizerの項目でフォルダを指定したりと、一部にマニュアル操作をする箇所があるくらいで、それ以外は自動操作で最後まで進んでくれる。

今回から Performances Settings をインストール過程で決めるようになったが、4段階ありまして、最高の「Very Good PC」の推奨は i7 or Phenom II 3Ghz以上、メモリ4GB、GPUはHD5850&5870 GTX470&480以上となっている。最高設定で遊ぶにはそれなりの環境が必要になるが、それこそSkyrimが動くPCなら全く問題ないはずだ。

Morrowind 16-07-27-83
本物の沼写真の中に紛れ込ませても違和感がないほどリアル

1.3より若干重くなっているようだが、さらに統一感が増したことと、光源の付近は自然に明るく、闇は確り暗く、ファンタジーゲームでは重要な明暗の調整が素晴らしく感じた。そのままだとさすがに古臭いMorrowindであるが、Morrowind Overhaulを入れた初プレイは相当価値があるのではないだろうか。

Oblivionはプレイしたが、Morrowindは小難しそうで尻込みしていた人で
・Oblivionの温い戦闘バランスは気にならなかった
・いわゆる戦士や魔法使いのロールプレイが楽しかった
・Oblivionは楽しかったがFactionが少ないから「ごっこ」の幅が狭く感じた
・OblivionやSkyrimが大好きだから、もっとTamrielに触れたい
・Tamrielに於ける「アジア圏」を見てみたい

などなど、他にもありそうだが、上記に該当する人はプレイしてみる価値があるだろう。ゲームバランスはMorrowind Overhaulに内蔵されているMCPなどでかなり良くなっているが、それでもバランス的にはTES3~TES5の中で最も破綻しているMorrowindだが、読み物として、ロールプレイの受け皿として楽しむのなら、OblivionもSkyrimも及ばない素晴らしい世界がそこに広がっている。

※Morrowind Overhaulの設定でMCPのウインドウがポップアップする段階があるが、基本的に何も触らずに Apply chosen patches を押すだけでいいのだけれど、Swift casting だけは有効にするほうがストレスとは無縁になれそうだ。Swift castingを有効にすれば、戦闘での抜刀と魔法詠唱の概念がOblivionと全く同じになります。



●インストールとプレイの要点

・OSがVistaか7なら、ProgramフォルダではなくCやDドライブ直下にMorrowindをインストールする。もちろんMGSOを入れる前にクリーンインストールする。

・Part1からPart4までのファイル4つ全てが必要

・インストールは Auto を選択する

・解像度はお好みで良いが、横1920はきついかもしれない

・ExeOptimizerの段階では Morrowind フォルダを指定する

・パフォーマンス設定はよほど非力なPCでもない限り最高でいい

・MGSO Optionの設定画面では何も触らずApplyをクリック

・MCPの設定画面もそのままApplyで問題ない

・MGSOのインストールが済んだら、平常通りTestoolでObject Mergeをして、その後Wrye MashでLeveled Listを作成する。

・Morrowindは以前より快適にプレイできるようになっているものの、マウスカーソルの速度はWindowsよりも遅いはずなので、dpi調整ができるマウスならさらにプレイが快適になる。

・文字サイズが小さいとか、癖が強くて読み難いと感じたら Make MW Fonts を。

Morrowindにゲームバランスを求めるのは酷なことであるから、プレイするのなら世界観に浸るプレイを信条にするとして、追加で入れるMODで個人的にお勧めなのは、MCA 6.1、NoM、あたりになる。ちなみにMCA 6.1は Westly's Master Head Pack というMODも必要だ。

レベルアップやバランス改善MODならGCDとBTBというワードを記憶の片隅に。と、ここまで書いてみたものの、娯楽MODを勧める行為というのは、詰まるところ価値観の押し付けになってしまうから、インストールできたら後は好きなようにやっちゃいましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター