CRPGまにあ

新シリーズ キン肉マン(ゲームネタではない)

投稿日:2012/01/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
以前にも話題として出したこちらで読める新連載キン肉マンですが、現在第6話まで進行していまして、お世辞抜きにこれは面白い。展開が速く、往年の読者らが喜ぶファンサービスを怠らず(3話あたりの)、そして遂に、あの悪魔将軍が自ら動き始めそうなのだ。

然しながら、ここで疑問点が一つ

・悪魔将軍の中身、精神は誰なのか
悪魔将軍の頭脳であったゴールドマンこと黄金のマスクは改心した後に、弟のシルバーマンこと銀のマスクと融合して完璧のマスクになった。今作は往時の「黄金のマスク編」から数年後の出来事のはずであるから、ゴールドマンが悪魔将軍の精神であるはずがないし、そうなると、サタン自らが悪魔将軍の精神になっているのか、はたまた別の誰かが入っているのか、結果如何によって第5話の悪魔将軍の台詞「あの中にひとり、非常に厄介な者がいる」、この意味が変わってくるのだ。

何らかの理由で悪魔将軍の中身がゴールドマンであるのなら、ゴールドマンと縁があって、極めて力が強そうな者は、裁きの神ジャスティス、弟のシルバーマン、この二つが思い浮かぶ。もしもサタン自らが悪魔将軍となっているのなら、サタンに「厄介な者」と言わしめる超人など存在するのだろうかという疑問が生まれる。いずれにしても、フィーリングで書いていそうなゆでたまご氏であるから、考察するのは無駄である可能性が高いのだけれど、今作が面白いことに変わりはない。

個人的な理想としては、ロビンマスクと悪魔将軍の名を汚すような、格を下げるような展開だけは見たくない。恐らくこの2名はキン肉マンの登場人物の中で人気が高い超人だと思われるが、特にロビンマスクは今作でも華麗な勝利を披露してほしいものだ。

ロビンマスクの戦いで最も印象に残っているのは、血みどろの戦いであったジャンクマン戦だろうか。頭はつるつるで、両腕は棘つきの大型プレス機のような、言わば投げ遣りっぽい容姿の悪魔騎士であったが、ロビンマスクが最も苦戦した敵だと認識している。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター