CRPGまにあ

Stardockの Elemental Site が FE カラーに

投稿日:2012/01/21 |  カテゴリー:Elemental: Fallen Enchantress  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental: Fallen Enchantress のページへ

いつの間にやらサイトが一新されていて、いよいよFallen Enchantressの発売が間近に迫ってきたと実感できます。既に、The Game、MEDIA、などのコンテンツは粗方出来上がっているようで、興味深いところとしては、「OSは64bitを推奨します」の文言と、特徴の筆頭に挙げられている「骨太な story driven campaign」らしいこと。さらにMEDIAではスクリーンショットが多数掲載されていて、前作War of Magicよりも地形が華やか且つ複雑な形状をしており、移動における戦略が重要になりそうだ。

スタンドアローン作品となった Fallen Enchantress の存在意義は、評価が今一ふるわなかった Elemental: War of Magic での悪いイメージを払拭することにあると捉えているが、私としては前作War of Magicでも十分すぎるほど面白かったので、Stardockが誠意注力したFEは非常に楽しみである。

今年も去年に劣らず面白そうなゲームが発売されるが
ファンタジーなTurn-based Strategyでは

・Elemental: Fallen Enchantress
・Warlock: Master of the Arcane
・King's Bounty: Warriors of the North (RPGよりだが)

FEは前述のとおりだが、下2つは現在コンピュータゲームで最も歯ごたえのある品を作るロシア産である。Warlockのデベロッパーは Ino-Co Plus となっているが、Eleven Legacyが Ino-Co作であるし、新作King's Bountyである Warriors of the North は、今回は1Cも開発に関わっているようだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター