CRPGまにあ

King Arthur: The Role-playing Wargame - 2年目の真実

投稿日:2012/01/27 |  カテゴリー:King Arthur: The Role-playing Wargame  |  コメント:0  | トラックバック:0
Launcher 22-02-33-06
初代King Arthurの画像だが、十字マークに注目

もしやと思い、初代を起動してあれこれ試してみると、オプションの 視点1(英語仕様では Default)モードでならマウスのミドルボタンで自在にカメラコントールが出来たことが判明した。これまで当Blogで「初代King Arthurはカメラコントールに難がある」と書き続けてきたが、今をもって撤回します。

然しながら、ミドルボタンはほんとやめてほしい。ミドルボタンでカメラコントロールを行うなんて、Elementalの件で初めて遭遇した難事であり、私の環境ではミドルボタンが使えない状態だったと気づいたのも1年半ほど前なのだ。

とは言え今回気づいたことにより、操作性に不満があってプレイを怠りがちであった初代King Arthurもやる気が出てきたかもしれない。何事も前向きに捉えておきましょう。

・日本語と英語版での差異
視点1→Default
視点2→Crusaders camera
視点3→RTS camera

個人的に視点3しか実用的じゃないのが痛い。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター