CRPGまにあ

The Chosen: Well of Souls

投稿日:2009/05/16 |  カテゴリー:The Chosen:Well of Souls  |  コメント:0  | トラックバック:0
このゲームはハックアンドスラッシュのシステムでありつつ、流れ的にはごく普通のアクションRPGかもしれない。またまた御三家が登場しますが、御三家と明らかに違うところは、やたらトラップがあったり、そのトラップを解除するために回り込んでアレコレしないとダメだったり、ガンガン進んでなぎ倒すゲームではないです。

それと思うのは地形や風景はとても綺麗なのに、人体といい装備なども、出てくるモンスター類も全てのっぺりしていて、統一性に欠けるような気がします。

chosen090516a.jpg

このゲームは恐らく3部構成なんだろうか。今現在はアフリカの最終段階だと思うけど、これで終わりだと早すぎると思う。次がアジア圏で中国とかモンゴルだったら大笑いしそう…

各エリアにボスが1~2程度いるんだけど、上のSSのサソリも何か変でしょ。カーソルを合わせているから点灯しているとはいえ、ちんどん屋風のカラーリングだから違和感ありすぎ。そうかと思えばハイエナとワニ人間みたいなのだけやったらリアルだったりするんですよ。

chosen090516b.jpg
このジャイアントものっぺりしてるでしょ

ちゃんと数えてないけど、ヨーロッパが5つのエリア、アフリカも5つのエリア、みたいに区切られています。これで3部構成だったらボリュームにイマイチ欠けるかも。

ボスの倒し方は大体わかってきました。ゴーレムをヘルス重視で育てておいて、タンクをさせつつ後ろからレンジで攻撃パターンばかりです。たまにこっちに向いてくるからその時はちゃんと避けないとダメ。

このゲームでなかなか良く出来ているなと思うところは、敵が武器やら素手で攻撃を行う時、振り上げるモーションがはっきり見えるので

「銃や弓を撃ち続けて敵が目の前にきて攻撃モーションが見えたら後ろに下がる、そして振り向いてまた攻撃開始。敵は一度振り上げ体制に入るとすぐに次の行動を取れないからそこで隙が生まれる。」

ここの仕様だけは見事に作られています。そうであって当たり前のような部分に思えるかもしれませんが、その当たり前が出来ていないゲームが多すぎるからね。

chosen090516c.jpg

ボスのSSばかり。これはミニボスみたいなのです。
ゴーレム&蛾の他に、マナとは別にFaithを消費して召喚するデーモンをクエストの流れで出せるようになった。ペット2段攻撃+マシンガンはなかなか強力です。

chosen090516d.jpg
今日の状態。

・ゴーレムはヘルス重視で育成。動きが遅いから育成しにくい。
・蛾は攻撃力重視で育成。出しっぱなしにしておけば勝手にレベルが上がります。
・ここまでVITに振る余裕は一切なし。
・ここからはSTRを上げてまともなアーマーを装備できるようにしよう。
・経済バランスに関しては絶妙のライン。無駄使いできません。

そうそう、おじさん達を期待して治療スキルをMAXまで取ったのに、アフリカでは殆ど出てこないおじさんたち…今のところ仲間になるのは1人だけでした。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター