CRPGまにあ

The Chosen: Well of Souls

投稿日:2009/05/17 |  カテゴリー:The Chosen:Well of Souls  |  コメント:0  | トラックバック:0
今日も懲りずにThe Chosen
Chosenというタイトルは北米向けのタイトル名で、欧州版ではFraterというタイトルらしい。まあ、あまりにマイナーなタイトルなので、どうでもいい事かもしれないけど。というか今この日本で、The Chosenをプレイしながらブログにレビューやら感想を書いているなんて1億2千万人中、私ただ1人だろうなぁ。

アフリカの次がアジアだったら「ネタですか!」となりそうだったけど、さすがにそれはない、次は南アメリカのジャングルが舞台でした。

chosen090517a.jpg
一応ボス

前々回くらいで「右へ左へ、回避が重要なゲーム」と書いたけど、この辺まで来るとそうでもなくなってきました。ポーションを連続ガブ飲みできるし、パワー任せに進んでしまうボス戦。

RPGでよく登場する回復用のポーション。「よく」じゃなくて、「ほぼ確実に」登場するヘルス回復ポーションなんですが、ここの仕様一つで戦闘が熱くて楽しいものになったり、逆に引いてしまうほど冷めるものだったりするほど重要な部分だと思います。

今回はハックアンドスラッシュを対象として話を進めますが、このゲームはSacredシリーズと同様に、回数制限も秒数制限も無しで、まさに連続で飲み続けられます。要するに、懐が豊かで手間さえ惜しまなければ、1発で葬られない限り死ぬことはないシステム。結果的に、戦闘はつまらなく冷めてしまいます。

Titan Questは飲んだ瞬間にがばっと大きく回復して、そこから7~8秒だったと思うけど微妙にヘルスリジェネレーションがあって、この間は次のポーションを飲めない。結果的に、左右の回避などや飲むタイミングも含めて、戦術豊かな楽しいゲームになると思う。

ほんのちょっとした事なんだから、こういう部分にこだわってほしいと切望してしまうのは私だけなんだろうか。せっかく素材や内容などが良くても、これ1つで俗に言うクソゲーと化してしまうのに…

なんというか、難易度もこれに当てはまる事なんだけど、投げっぱなしにしないで最後まで作りこんで欲しいです。非常にもったいないと思う。
(これはこの作品に限った話じゃないんで、勘違いされないでください。というかある意味、他のゲームに対して…)



Chosenの粋なところは
chosen090517b.jpg

トラップや敵の待ち伏せがあると、ムービー風に画面がスクロールして、「ジャカジャカジャン、ジャカジャカジャン」て古いイタリアホラー映画でも見ているような効果音が鳴る演出があって、ちょっと馬鹿っぽくて面白いです。

Well of Soulsの番人がデーモンで(ちっちゃいけど)、そのデーモンを倒すと頭だけになって、その頭を入手するとデーモン召喚魔法が増えていくシステムです。

chosen090517c.jpg
3番目のデーモン君。ツチノコ?

このデーモンは召喚すると10秒?程度で消えてしまうんですが、これがなかなか強くて、なまじ強いからゲームのテンポに悪影響を与えているかも。デーモン召喚→Faithが大幅に減少→敵の大所帯が見えたらじーっと静止してFaithが回復するのを待つ→大所帯の連続だったら…みたいな流れになりがち。

ゲームとしてはけっこう楽しいので、無我夢中で進めてあっさり南アメリカの3つめWell of Soulsを封印。次は北国シベリアが舞台となりました。まだまだ続くみたいです。

そういえば言い忘れていたけど
chosen090517d.jpg
ここが冒険の拠点。錬金術師がいるラボラトリー

ここでクエストなどを貰って各地へ飛んで行動するんです。お店なども全てここにあって、キャラの成長段階かゲームの進展具合に合わせて品揃えが変化していくんだけど…詐欺や!

レベル35くらいから今まで売りに出ていなかったSTRの要求値が明らかに少ないチェインアーマー、スケールアーマーなどが売られ始めて、STRにけっこう振っている私のキャラ、装備のSTR要求値を軽減するスキルにも振っている私のキャラ…

1回でいいんやからスキルの振り直しさせてよ~

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター