CRPGまにあ

創刻のアテリアル - 体験版を終える

投稿日:2012/02/27 |  カテゴリー:創刻のアテリアル  |  コメント:1  | トラックバック:0
体験版は序章から1章の途中までプレイ可能となっており、神採りアルケミーマイスターの体験版と同様に中身が濃いものとなっていた。とは言っても神採りはアイテム合成が前面に押し出されている作品であるから、単純に「やれることが多い」内容ですので、今回の創刻のアテリアルはシンプルな作風だと感じられた。

カードバトルになったことから戦闘モードのテンポが極めて速いものになっており、これ以上痛快なものは無いのではと思えるほど高速にプレイすることが可能なゲームだと感じた。戦闘モードのスピードは通常の他にも高速が選べるようになっているが、通常でも他ゲームと比較するとかなり速いはずだ。

最近はコンソール機のSRPGなどをゲームパッドでプレイする機会が多いのだが、SRPGのようなどちらかと言うと操作が複雑になるジャンルでは、マウスのポイントクリックとドラッグに勝るものはないと改めて感じた。

創刻のアテリアルは学園物になるんですが、雰囲気としては前作 神採り と同じく明るく快活な作風になっている。成長と収集の要素が太い幹となっている作品なので、カードバトルに関しては序盤をプレイしている段階では何とも言えない現状であるが、体験版クリア後のオマケとなっているグレーターデーモンとの特別戦闘はなかなか白熱した内容となっていた。

シナリオの序盤は適当にカードを並べて攻撃していれば勝てる難度なのだが、グレーターデーモン戦はマスの支配力を意識したプレイをしなけれなとても勝利できない難しさであった。ターン毎に配られるカード運に左右される戦闘でもあるのだけれど、開始時に主人公カードが置かれる場所の支配力を3にするようカードを再配置して、支配力3の鳴海やまどかを使えるようにすれば何とか勝てるようになった。ちなみにダンジョン内の「死歌」、奴は倒していないが、あの存在はメーカーの遊び心なのか。

数日前の東京魔人學園剣風帖の記事で声優さんの話題を出していますが、18禁ゲームですとエウシュリー作品によく出演されている「かわしまりの」さんの声がお気に入りである。甲高くていかにも女の子してます声はちょっと苦手で、かわしまさんの艶がある甘い声を聞くと何故か落ち着くのだ。

余りにもやり込むと製品版での感動が薄れてしまうので
これぐらいにして発売日の4月27日を楽しみに待つとしよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター