CRPGまにあ

ムーンライトバスケット - 先ずは エンディング 1

投稿日:2012/03/22 |  カテゴリー:ムーンライトバスケット  |  コメント:0  | トラックバック:0
game003300a.jpg
これはまだいい方である

game003305b.jpg
230という数値は妙技そのもの

ムンバスも以前の作品と同様にエンディングが二段落ちになっているようで、最初のエンディングを迎えたあたりで半分くらいではないだろうか。この段階では交易品などの図鑑達成率が50%を超えた程度であるから、ここから先が大詰めなのだ。エンディング 1 に至るまでに数十時間ほど要しており、1000円の同人作品としては抜群のボリュームであるだろう。

メインクエストの交易品図鑑 230個というのは、確りとバランス取りをしていることが伝わってくる数値であり、怠けていてはとても達成できないが、全ての街を隈なく訪れて、新しく手に入れた交易品で錬金術が可能なら行ってみて、街の探索にも精を出し、やれる事をきっちりやれば何とか届くラインだった。

game003308a.jpg
12月1日で季節が変わる。ぎりぎりの達成だ

エンディング 1 への最後の試練は1シーズンで50万以上の売上を記録するというものだが、これはかなり大変でした。ここまでのプレイで最も利益が出ていたイシュワルドカレーを3ヶ月間売り続けても遠く及ばず、1シーズン50万へ向けて幾つか下準備を行った。

・馬車の積荷比率を一時的に90%に(調教7回込みで馬力695の馬)
・カレーの売り先となる街に、売上が期待できる食品を流通させた
・行き来する2つの街の景気が良いときに挑戦した

馬車馬は改善の余地有りだが、どうせ買うのなら100万を超える良い物をと計画しているから、ずっと20万クラスの中距離型を使っている。

とは言ってもエンディング 1の段階で使用していた武器は下流品であり、上流品の流通どころかやっと中流品を扱えるようになってきた所であるから、これからが本番なのだ。エンディング 2 も大きな目標であるが、図鑑達成率を限りなく100%に近づけるのなら100時間以上から数百時間ほど掛かりそうな手ごたえである。

game003315a.jpg
苦心が実って護衛ら全員に中流武器を装備させた図

上流品での美味しい流通やレシピ類のコンプなども目標であるが、水色の街の「水色の塔」、これが最終関門となりそうであるから、今やっと第二のスタートを切ったところなのだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター