CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy フレームレートの低下を少しでも緩和したい。具体的には影の設定を下げることが効果的

投稿日:2014/01/29 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might and Magic X Legacy_2014_01_29agwf_20_856
影エフェクトが重いのはよくある事

昨日「昼間やダンジョン内ではフレームレート60を維持している」と書いたものの、昼間でも木が鬱蒼と生い茂るエリアなどではグラフィック設定を最高にしているとフレームレートが30台に落ち込んだりしてしまう。上掲画像くらいに影の設定を下げれば、体感的に破廉恥に感じるフレームレートの低下が無くなることだろう。影設定を下げれば、昼だけではなく街中の夜や夕闇などでもフレームレートの低下が緩和される。

とは言っても私のGPUはHD7850であるから、それよりも下位グレードの品や古いGPUだとさらにどこかを下げなければ快適にプレイできないかもしれない。2012年の秋ごろから1年ほどの間、NVIDIAのGTX660無印とAMDのHD7870及び7850のコストパフォーマンスが非常に高かったので、このランクのGPUを使っている人はかなり多いと思われるが、やっぱり現行の海外ゲームを快適にプレイするにはこれらが最低リミットと言えるだろう。

現在、日本ではGTX760が売れ筋のようなので、それ以上のGPUならもっと楽にプレイできるはずだが、いずれにしてもM&M10は品質の割りに重すぎである。HD7750程度でも快適にプレイできなきゃおかしいぞと思える程度のグラフィックだから。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター