CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy いざ屋外へ

投稿日:2014/01/29 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:4  | トラックバック:0
本作M&M10は、スキルシステムが旧作の後期型に該当する「M&M6~M&M9」の直系となっている訳で、どれから上げていけば良いのか非常に迷いまくって考え抜いて楽しみまくっている私がいる。特に今回は難易度が高い「戦士」でプレイしているので、変な上げ方でもしようものなら詰みかねないから。

旧作のリアルタイムな後期型では、先ずは何が何でも「弓」の技能を上げて全員に弓を装備させることが実用的であったが、本作は前期型のシステムを受け継いでいるターンベースであり、さらには敵と隣接すると移動ができなくなるシステムであるから、旧作後期型よりは弓の重要性が下がっているのだ。とは言っても敵と隣接するまで一方的に攻撃できる場合さえある弓スキルなので、本作でも早めに上げておいて損はない。

Might and Magic X Legacy_2014_01_2afwfa5_658
毒を喰らってしまう確率が極めて高い迷惑なM&M10のクモ

外に出るや否やソーピガル井戸ダンジョンで苦しめられた雑魚蜘蛛が現れたので寒気がしたのだが、蜘蛛は偶に出てくる程度なので安心した。当面の目的は画像の左に見えている灯台の様子を見てくるというもので、何か障害になるようなものがいれば排除して、灯台の明かりを再び灯すということ。

とは言っても元から厳しいゲームM&Mであり、さらには難易度上位の「戦士」でプレイしているから、先ずは近場の外マップで倒せそうな敵で稼いで、パーティーを強化してから灯台に挑むことにした。

しかしながら、移動している感触と全体マップで見られる規模からして、今回のM&M10は外マップがかなり狭そうなのが気掛かりなのだが、旧作後期型のような縦横無尽に移動できる3Dゲームではなく、一マスずつ移動のグリッドベースだからこんなものなんだろうか。

Might and Magic X Legacy_2014awh3_54_19_629
はいはいごめんなさい。当分は来ませんよ

Might and Magic X Legacy_2014_ahw15_06_601
来る所を間違えました。今後は注意しておきます

外マップの要所で「デンジャラスな洞窟」などと言う露骨な直球ネームダンジョンを2つほど発見したのだが、中に入ってみるとこの段階では倒せそうにないサイクロプスやらドラゴンなどがお出迎えをしてくれた。下の画像のスペクターは野外マップで「呪われた廃墟」の入り口を守護しているようだが、どちらにしてもこの段階では瞬殺コースだから出直すことにした。

Might and Magic X Legacy_2014_01_2afwfaw4_071
灯台内部でも激戦が続く

M&M10のダンジョンにも扉開閉のスイッチなり隠し通路などの仕掛けがそれなりにありまして、序盤である灯台でも幾つかそういった類のものと遭遇した。スイッチや先へ進める為の鍵などは考えなしに理解できるものの、隠し通路を開く壁の紋様を解除するシステムが今ひとつ理解できていない。

紋様解除に失敗すると大ダメージを被ってしまうのだが、そもそも今回のM&M10には、旧作にはあった「Disarm Trap」のような盗賊スキルが無いので、どのキャラクタが適任者なのか分からないのだ。キャラクタの属性(ステータス)はほぼ全て戦闘向けのものばかりであるし、解除の法則性を見つけ出さない限りリロードの回数がかなり増えそうである。

そして簡単な仕掛けをクリアして灯台の3階へ足を踏み入れると左右に扉がある狭いエリアに出たのだが、片方を開けるともう片方が勝手に開いて4体の敵に前と後ろからの挟み撃ち状態になってしまい、敵のエリート剣士が強かった為にここで大苦戦に陥る。

かの「Wizardry 8」のように有利な場所へ誘き出す作戦が可能ではあるのだが、この部屋には後ろと左右が壁になっている袋小路マスが無いし、もとより隣接されたら移動できなくなるので「Wizardry 8」のような位置取り戦術が思うようにできない。

どうやっても倒せそうにないから途方に暮れていたところ、気がつくとゴールドが幾らか貯まり、先のレベルアップでスキルのランク上げができそうだったので、ここで一度ソーピガルに戻ることにした。

Might and Magic X Legacy_2014_01_sdrghe1_15_709
おまえさんは悪くないんだけどさ、やられましたわ

誤植以前にNPCは「スタミナ」と言っているが、スキル表では「持久力」となっていることに大きな問題があるものの、そこには目を瞑っても「エキスパートとマスター」の間違いは頂けないだろう。

上位の難易度であるから体力量が重要になってくるので、早い段階でまずは全員を持久力のエキスパートにと考えて予めスキルポイントを振っておき、マキシマスと会話してみるも「このランクを得るにはスキルが足りない」云々と言われてしまう。よくよく見てみると、持久力の上限がエキスパートのフリーメイジだけ「このランクには到達できない」という表示だったので、もしやと思って英語モードにしてマキシマスと会話してみると、このおっちゃん持久力マスターのトレーナーやないかい!

Might and Magic X Legacy_2014_01seg_810
英語モードにしてみた画像

エキスパートになると体力全体に「+5%」の補正が付くようだが、いつかエキスパートトレーナーを見つけるまで御預け状態になったものの、振ったポイントの分は体力が上昇しているから差し当たって大きな問題にならなかったのが幸いだ。

もう一つスキルをエキスパートにする余裕があったので

・ドワーフ ディフェンダー
アックスをエキスパートに

・オーク 野蛮人
メイスをエキスパートに

・エルフ ドルイド
地の魔法をエキスパートに(毒スプレーなどがこれで強化された)

・人間 フリーメイジ
光魔法をエキスパートに

フリーメイジは攻撃の大気を先にするか、防御と回復がある光を先にするかで悩んだのだが、今回は高難易度という理由から光を優先した。もう一つ、基本原理魔法に「アイテム識別」のスペルがあり、エキスパートで使用できるようになるのでこちらも欲しかったのだが、基本原理魔法は次に回すことにした。本作はアイテム鑑定をNPCに依頼すると300ゴールドも取られてしまうのだが、序盤の300ゴールドはものすごく痛いので、鑑定せずにバッグに入れたままになっている。

Might and Magic X Legacy_2014_01_2afafaw3_781
強化してから灯台の3階へ戻り、憎き剣士4体を粉砕

そして塔の最上階である4階への道が開いたのだが、そこでもさらなる激闘が我がパーティーを待ち受けていたのだ。

コメント

CRPGまにあさんが復活してる!

Might&Magicは初めてなのですが、日本語対応済みということで手を出しました。敵の数は有限である→資金も有限である、と気づかず、武器と防具にかなりお金を使ってしまった。これからの冒険者生活は資金繰りに苦労しそうです。

Re: CRPGまにあさんが復活してる!

>>マサフミさん

今回のM&M10はなかなか遊びやすく作られているので、初M&Mには最適かもしれませんよ。おかしな訳が所々にあるものの、日本語はほんと嬉しいですね。

今作は昔のM&Mのようにゲーム内で2年くらい経てば敵や箱が復活するとか、そういったシステムであるのかは全く分からないのですが、基本的に有限なので特に序盤は大事に進めたほうがいいですね。

スキルのランクアップとスペル購入だけでもかなりお金が必要なので
私の方も資金繰りに苦しみつつ楽しんでいる最中です。

No title

戦闘訓練を上げないと、前衛がスキル(必中攻撃とか、1ターンだけサイレンス状態にするとか)覚えないので辛いかもしれませんよー。

Re: No title

今はかなり進んでいて戦闘をエキスパートにしてあるのですが
確かにこれはいいですね。

早い段階で取っていれば、対魔法使いなどがもっと楽になれたかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター