CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy ヨンシャル森の北側海上とミンホー沼、ウィズリンジャングルの探索~そしてデンジャラスな洞窟初勝利

投稿日:2014/02/08 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might and Magic X Legacy_2014_02_02awfe_17_913
海上の敵は何とか倒せる

ワールドマップ北の海岸沿いの探索を続けると、以前に地上から徒歩で訪れたことがあるミンホー沼に繋がっていた。ここらには火魔法のグランドマスタートレーナーやドルイド長老への昇格クエストを受け持つNPCがいるのだが、ドルイドに関しては新パーティーになっているので今回は関係ない。

Might and Magic X Legacy_2014_0sge11_701
パーティーに付き添って何時でもポーションを売ってくれる雇用NPC

沼地の民家で1人で住んでいる彼女のようだが、ポーションに関しては買いだめすればいいのでそれほど有用な能力とは言い難いのだけれど、彼女は体力やマナが上昇するポーションを複数販売しているので、懐に余裕があるのなら一度はこの場所を訪れて、雇ってからそれらのポーションを買いだめしておきたい。

Might and Magic X Legacy_2014_02_02awaf10_624
どう見ても…リプリー

いずれフリーメイジがお世話になる大気魔法グランドマスターのトレーナーをジャングルで見つけたのだが、毎度のようにマスタートレーナーの所在が分からないので、今のところはどうしようもないのだ。しかしながら、スキルポイントが貯まっていれば、マスタートレーナーを発見した直後にグランドマスターになれるから、早めに発見しておいて損はないだろう。

Might and Magic X Legacy_2014ges53_740
ここにきて初めて気づいたことがある

海外のRPGではけっこう馴染みのシステムであるが、本作もエリアマップ上でクリックすれば、その地点にメモを書いておけるのだ。魔法耐性が上がるクリスタルや能力上昇の彫像などは、そのままプレイしているだけではエリアマップに記されないから、そういったものを自分でメモすると便利だろう。

他にも民家などに住んでいるトレーナーの場所をクリックして、そこに「大気魔法グランドマスターのトレーナー」と付け加えれば後々迷わなくて済みそう。

Might and Magic X Legacy_2014_02_wada15_578
自由自在に探索できないのが辛いところ

他にもM&M恒例の「オベリスク」を沼地やジャングルで複数発見するものの、ジャングルには画像のような危ない奴らが生息していて、少数なら倒せるが大所帯な配置が至るところに散見される。勝てなくもないが勝ったところで消耗の激しさから割に合わない結果しか残らないので、そういった魔物一団はもっと強くなってから倒しにこよう。



ジャングルの奥地でとある洞窟を発見し、中に入ると久々の「デンジャラスな洞窟」だったのだが、始まりの地ソーピガルとは大陸の正反対に位置している地点である。

Might and Magic X Legacy_2014_02_02_awggaw_118
その名はセンテンサ。種別が不明ですな

見た目はおぞましい姿をしているが、戦ってみるとこれまでのデンジャラスな洞窟魔物より与し易いという感触があり、何度も戦ってみるがいいところまで追いつめても誰か1人を殺されるか、パーティーの要であるルーンプリーストが意識不明になるかで仕切りなおしの連続だった。

それでも挫けずに何度も挑戦すること数回、やっとのこと死亡や意識不明を出さないで勝利することができた。死亡よりもまだましな意識不明でさえ、その状態で戦闘を終えると経験値が貰えないから、できる限りパーティー全員健在で倒しきりたい。

Might and Magic X Legacy_2014_02_04_awfaw50_119
とは言っても皆この顔である。それだけ激しい一戦だった

センテンサ自体はそれほど良い品を落とさなかったのだが、洞窟内の宝箱でアーティファクトを獲得することができた。このアーティファクトはミディアムアーマーであり、必要なランクがエキスパートとなっていたり、ネクロマンサーたちが使用していたという説明文からしてルーンプリーストにぴったりなのではと期待を膨らませている。

Might and Magic X Legacy_2014_02_04wada7_111
これは嬉しい一品

現状ではレベル3に成長しているのだけれど、以前にレベル5くらいまで成長しそうだと書いたのはただの妄言で、今のところレベル4が最高の成長アイテムしか見ていない。

ヴァンパイア・アーマーはレベル3で、アーマー値20、光魔法耐性+12、受けたダメージの12%を体力に転換、となっているのだが、この為にルーンプリーストのミディアムアーマーをエキスパートにしたのだから、可能な限り高い性能が欲しい。

ちなみに我がパーティーの前衛2人である野蛮人とブレイドダンサーは、今のところミディアムアーマーには1ポイントも入れずにローブを着て戦っている。その理由はこの2人もミディアムアーマーはエキスパートが上限となっていて、エキスパートだと攻撃値のマイナス緩和は「7」が上限となる。

画像を見て分かるように、このアーティファクトでさえ攻撃値「-30」という下がりようだから、攻撃力が重要な野蛮人とブレイドダンサーでその選択はちょっと困るかなという印象だけれど、先へ進んで攻撃力のマイナスさえ補うほど強力な鎧が出てきたのなら考えてみよう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター