CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy カーサルの水路へ進入~からくりハウス「ファラガーの屋敷」

投稿日:2014/02/10 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might and Magic X Legacy_201wad46_809
だいぶ待たせてしまったようで、申し訳ない

カーサルの水路に入ると、モーガンの諜報員であるズライカが入り口付近で待っていてくれた。会話してみると情報提供者というのは彼女の父親らしく、その名前は「ファラガー」というそうなのだが、これは単なる偶然か狙っただけなのか、どちらにしてもM&M6でのあの人物は「ファラガール」だったような気がする。ファラガーは闇の番人らによって拉致されたようで、カーサルに入ってからは彼を救い出すことがまず第一の目的となるようだ。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awfaf2_810
状態異常攻撃がとにかく酷い

水路内は画像の気味が悪いフェイス・ハガーに加えクモの上位種などが巣くっていて、打撃はそこまで脅威ではないのだが、魔法が詠唱できなくなったり能力が大幅に下がってしまう状態異常攻撃が非常に嫌らしい。それらを治すポーションを幾つか所持していたものの、それだけに頼っているとすぐにポーションが無くなりそうだったので、ここで一旦ソーピガルとシーへイブンの呪文書屋へ足を運び、これまでは金欠で買わずにいた光や大気系の治療呪文を全て買い揃えることにした。

かなりの出費になったけれど、何度でも使える治療呪文のおかげで水路の奥へすんなり進むことができたのだが、今回の進入口からはファラガーの屋敷へのみ通じているようである。ロストシティのレベル3からはカーサル水路のレベル2に入れたから、まだこの水路は他にもエリアが存在するのだろう。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0waf6_349
がらりと雰囲気が変わるダンジョン。なかなか奇麗な屋敷である

ファラガーは闇の番人に捕らえられたようなので、屋敷内には暴漢らがいて当然だろうからここでも戦闘が起きるはずだ。この屋敷は壁のレバーや盗賊の隠れ家以来の久々の登場となる壁の模様を解除すると現れる隠し通路など、狭いエリアながら仕掛けの数が多めだった。

※後に判明するがロストシティなどでも壁模様仕掛けの隠し部屋が幾つかありました。

Might and Magic X Legacy_2014_02_04awfwaf49_102
これはトラップを解除後

以前に壁の模様トラップの仕組みが理解できていないと書いているのだが、最近気づいたヘルプ機能によると、マイト、魔法、知覚などの属性が関係しているようで、それらが高いキャラクタに任せると成功確率が高いのかもしれない。現状では大気魔法の知覚を上げる「イーグル」のみ使用できるので、画像でも鳥アイコンでその魔法を使用しているのが分かる。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awfawf3_265
冒険開始直後に受けたクエスト「3人の息子」の1人リップリーがここで登場

1人目は盗賊の隠れ家最深部で出てきたのだが、ゲームでは根こそぎ奪う派であるからさくっと死んでもらったのだけれど、今回も戦うか見逃すかの選択を迫られることになる。この選択によって最終的な結果が違ってきたりするのだろうか。

リップリーは「戦うにしてもお前さんら4人では俺に敵わないぜ」と言い放つあたり相当自信があるようだが、いざ戦ってみるとはったりではない事が痛感できる。戦士系だからアーマー値が高いのか、アーマー下げの弱体化を入れてもかなり硬い装甲であり、攻撃力も一度の攻撃で天界の鎧を打ち剥がすほどの威力を誇っている。

最初の1戦はころっとやられてしまったが、今回も慎重に戦えば何とか勝てる相手だと分かったので、数回ほど倒してドロップアイテム吟味をしてみるも、こういう時に限って狙いのアイテムはなかなか手に入らない。1戦の時間がかなり掛かるからプレイヤー自身の体力も消耗するので、アイテム吟味は適当に済ませて先へ進むことにした。

リップリーを倒すとその背後の扉からカーサルの「ハーバー・ディストリクト」に入れるようになるのだが、ファラガーの屋敷は2階の探索がまだ済んでおらず、町へ行く前に2階へ足を踏み入れてみる。

Might and Magic X Legacy_2014_02afw_45_303
3つめのシャード「光」を見つけた

奇麗なコンテナの中に光のシャードを発見するも、この箱を開けてしまうと闇の集団らの大部隊が一気に押し寄せてくる仕掛けが発動するようで、戦ってみたがこの戦闘がここまでで一番過激だっただろう。

Might and Magic X Legacy_2014_02_awfwf23_192
全力で挑んでも勝てなかった

この段階ではパーティーのレベル平均は19ほどになっていたのだが、あまりの猛攻に今回だけは完全に敗北を認めなければならなかった。

武器はシーへイブンの鍛冶屋製であるから長いこと同じ品を使い続けていることになるが、カーサルに行けばさらに良い武器が手に入りそうだから、先にカーサルで武器などの買い物を済ませて、新たなトレーナーと出会えたらこれまで上げられなかったスキルのランクアップをして、その後にもう一度ここに戻って再戦してみよう。

そんな訳で、次回からは久々の新たな町の探索となる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター