CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy カーサル水路へ別経路から進入~ファラガーの屋敷で闇の番人らと再戦

投稿日:2014/02/12 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
水路へ入る前に一仕事。カーサル市内から東側に出られる門があり、そちらは以前に出てきたエニグマの塔や狼ボス「フワフワ」らの地点から南東の辺りになる。そこには荒れ果てた森があって、そこで3つめの謎のクリプトを発見することができた。謎のクリプトは内部の仕掛けをクリアするとアーティファクトが獲得できる美味しい場所である。

今回の謎のクリプトは中央に柱が複数立っていて、その周りに青く光る踏み床が複数あり、条件にあった踏み床2つを青く光らせると柱が1本ずつ下がっていく仕組みなのだ。柱が消えた床にも仕掛け付きの踏み床があったりしてかなり時間が掛かったのだが、気長にプレイしてやっと中央の柱を下げることができた。

そこには宝箱があり、中からは

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awfwa08_185
既に最高レベルに成長している状態の画像

もちろん入手した時点ではレベル1であるが、今回もかなり強力な品を手に入れることができた。回避値の上昇が高いのが特に嬉しいポイントなのだが、少し分かり難いのはダメージ24の部分だろうか。近距離攻撃を被る度に、ダメージを攻撃者(敵)に対して24与える、なのか、攻撃が敵にヒットするたびに24の追加があるのか。今一つ分かり難い文であるから左上に表示される戦闘の詳細を見て自分で判断するしかないだろう。

他には町のすぐ側の海岸沿いで持久力グランドマスターのトレーナーを見つけたのだが、グランドマスターになるには昇格クエストを終えて上級クラスにならなければならないのだ。野蛮人は昇格クエストを受けられる場所さえ未だに判明していないので後回しになる。

Might and Magic X Legacy_2014_02_wafwa1_44_285
新しいNPCを雇う

以前にシーへイブンから同行者となった学者エドウィンはクエストNPCであるから報酬無しで着いてきているのだが、今回のハジさんは一般の雇用NPCであるから「見つけたゴールドの10%」を見返りとするタイプなのだ。この10%は宝箱やクエストの報酬などからも差し引かれるようで少々痛いけれど、敵が有限の本作でこの能力は捨ておけないだろう。

これで「エドウィン+ハジ」効果によって敵を倒して得る経験値のみ「+20%」になったのだが、解雇した笑顔お兄ちゃんの買い物時の交渉効果が無くなったし、さらに今後は収入が10%減ってしまうからお金に関しては厳しくなりそうだ。

※だいぶ後になってから検証してみて判明するのですが、経験値アップの効果は重ならないようです。



Might and Magic X Legacy_2014_02_0wafawgwa2_02_692
エリート巨大クモは強いが、どうやら我がパーティーはその力を超えているようだ

カーサルで武器を新調するまでは強い敵に対してダメージがぜんぜん通らなかった野蛮人とブレイドダンサーであったが、新しい武器の威力は予想以上であり、安定して100ダメージ以上叩きだせるようになった。さらに2人とも「戦闘」のスキルをエキスパートにしたので、以下のアビリティが2つ使用できるようになった。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awfawqw56_745
必中攻撃

Might and Magic X Legacy_2014_02_0wfaw2_303
1ターンだけ敵の呪文を封じる

特に「飽くなき襲撃」はかなり使える技能であり、マナ10消費するのだが野蛮人とブレイドダンサーもある程度はマナの最大値を増やさねばと考えるようになる。スキル「戦闘」を1上げる毎にマナが「2」増えるのだが、その分だけだと最終的に戦闘マスターが上限な2人はマナが30増すだけであるから、恒久的にマナや属性スピリットが上昇するポーションなどを活用してみるとしよう。

マナ最大値が100もあれば、マナポーション無しに飽くなき襲撃が10連打できるので、早く敵を倒せばその分だけ味方の被ダメージが減ることになる。攻撃こそ最大の防御という格言があるけれど、このゲームはまさにそれが当てはまる。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awgwagwa58_960
壁の模様トラップがまた増えつつある

一時期鳴りを潜めていた隠し通路が開く壁トラップであるが、これらはただ歩いているだけだと見つけることができないから曲者でして、壁の方へ向いてやっとその存在を知ることができる。ゲームのヘルプと属性のそれらしい名称「知覚」の本来の意味を当てにするとして、樽などの知覚が上がるものは全て野蛮人で使用し、さらに壁のトラップ解除時には大気魔法の知覚上げ「イーグル」を使っているのだが、こうすれば以前より成功確率がかなり増してリロードすることが大幅に減ったのだ。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awgwfa_056
箱を開けたからかフェイス・ハガーのボスが出現

箱からはそれなりに良質のマジックアイテムを獲得することができたが、マナを吸い取る「マナヒル」が極めて嫌らしいフェイスハガーボスと戦う羽目になる。しかしここでも新武器と必中攻撃の効果がありありと感じられ、これまでの「削る」感覚ではなく「ゴスゴス」と敵の体力バーを減らす野蛮人とブレイドダンサーのおかげで難なく勝利することができた。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awgwafa_18_011
恐らくミディアムアーマーのグランドマスターの人か

壁トラップの向こうに部屋があってそこにタモツなる人物を見つけたのだが、彼はミディアムアーマーのトレーナーらしいけれど、どのランクなのか表示されない。この後にナヴェア・デルタの宿に在住しているイカれた婆さんから情報を仕入れることができたのだが、タモツがグランドマスタートレーナーらしい。

一通り水路の探索をしてみるも、まだ進入できないエリアが存在することが分かる。この段階ではどうしようもないでの、水路繋がりであるファラガーの屋敷へ行って光のシャード獲得を目指すことにした。

Might and Magic X Legacy_2014_0segs_02_773
今回は手ごたえあり。これなら勝てる

光のシャードを取ると回りを一斉に闇の番人集団に囲まれる場所で、前回は猛攻を受けて敗北したから後回しにした場所なのだが、今回は見違えるような野蛮人とブレイドダンサーの攻撃力で確実に1体ずつ仕留めていく。最後の最後でルーンプリーストが意識不明になってしまったものの、大勝利ということにしておこう。

これで3つめのシャードが手に入ったので、再びエレメンタルフォージに行って精霊と戦い、勝てば光の賛意を受けられる。光のエリアは大気と対になっている場所にあって、光の障壁扉の前の「光の精霊2体」は既に倒してあるのだが、大気の方は近寄ることさえできない過激さだった。

そんな訳で、次回は光の精霊ボスとの戦いになる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター