CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy 本筋クエストの沈没船「サン・ヒンド」へ~海賊の町「ザ・クラッグ」の探索と再びあの御仁が登場

投稿日:2014/02/18 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
ウォーモンガー昇格クエストNPCの住居と沈没船の位置は目と鼻の先であった為にすぐに取り掛かれたのだが、内部に入って毎度のエリート・ナガ将軍や真珠尼僧エリートなどを倒してから付近を探してみるが、お目当てのブラックファングに頼まれた宝箱が見つからない。そうこうしてると1人だけ生き残った船員を発見したので彼に話を聞いてみることにした。

Might and Magic X Legacy_2014_02_fhfh_59_43_213
りんごの樽に隠れて生き延びたらしい

どうやら悪いナガ集団の襲撃を受けたらしく、目的の宝箱も何もかも全て強奪されたとのことで、彼は隠れているときに「ソードフィッシュ」と奴らが話しているのを聞いたとの情報をくれたのだが、これは重要なキーワードであることが後に判明する。奴らの本拠スカルロックは案外近くにあるのだが、その前に荒野をきっちりと探索しておくことを優先した。

Might and Magic X Legacy_2014_02_sgsgs_34_478
そのまんま日本人の名前だ

どうやら彼女は蓮帝国という Might & Magic Heroes VI で3つめのシナリオの舞台となったそこの出身らしく、弓使いとして有名らしい。このユミコがボウのグランドマスタートレーナーなのだが、祖国からここまで女王の宝を盗んでいった悪いマーメイドクイーンのイエマンジャを追ってきたようなのだが、逆に自分の弓を取られてしまい困っているようだ。

そのボウを取り返してくれたら私の技能を教えてあげるということで、イエマンジャが逃げ込んだ先は件のスカルロックときているから、沈没船の宝箱を強奪した奴と同じなのだろう。私は「Heroes 6」の第3シナリオ以降まともにプレイしていないのだが、もしかしたらこのユミコも Heroes 6プレイヤーが見たらちょっぴり興奮する人でありそういうシーンなのだろうか。

スカルロックへの進入は一時置いておき、荒野の北側で両手武器グランドマスターのトレーナーを見つけるも、毎度の毎度、何より昇格が先となる。さらにそこから北へ向かうと荒野では初のデンジャラスな洞窟を見つけたので早速中に入ってみた。

Might and Magic X Legacy_2014_02awf03_15_280
もうデンジャラスな洞窟は怖くない

なかなか攻撃力が高いオーク上級のようなボスだったが、少しこちらの体力を減らされたものの、あっという間に敵の体力を減らして我がパーティーの勝利となる。ほんとカーサルに入るまではあれほど苦労していたのが嘘のような戦いぶりである。

Might and Magic X Legacy_2014_02_08awf18_707
エキスパートが必要なところが難点

こういったアーティファクトの武器はほぼ全てエキスパートが最低条件となっているが、さすがにボウを優先して上げるのは今のところ有り得ない選択だ。

洞窟を出て西に向かうと海賊の町「ザ・クラッグ」の門が見えてきたのだが、これと言って封鎖されている訳でもないので、荒野の探索がまだ不十分だが先に町へ入ってみることにする。と言うかこの場所にあって封鎖無しだったのなら、荒野のオーク集団さえ何とか捌けばもっと早い段階で来ることも可能だったのかな。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0fwa13_45_282
この町は高低差があり若干入り組んでいる

早速町の施設や住居を回ってみるが、本作は夜でも施設が営業しているから有り難いのだけれど、その選択は風情が薄れるという代償付きになるからどちらが良いかは難しい問題だ。一通り施設のチェックを終えてみると、待ち望んでいたトレーナーを何人か見つけることができた。

・ヒーリングロッジで地魔法のマスター
・民家でメイスグランドマスター
・秘薬屋で魔法修行(耐性)のマスター
・鎧屋でドッジマスター
・後に訪れる砦で水魔法マスター
・通りに佇むナガ女性が水魔法グランドマスター(ちょっとしたクエスト有り)
・トレーニングセンターで大気魔法マスター
・武器屋で念願のダガーマスター

他にもエキスパートランクを扱うトレーナーが複数人と斧マスターがいたが、重要なのはこれぐらいだろう。特に早く見つけたいと願っていたのはダガーのマスターであり、ここまでずっとエキスパート状態だった訳だが、それでも武器が良ければかなり強かったから今後はもっと力が増すことだろう。

Might and Magic X Legacy_2014_02_08waf5_191
左右ともにクリティカル率が一気に+20%アップ

ダガーのマスター効果は「短剣を1本装備する毎にクリティカル率が10%上がる」というもので、二刀流だから「+20%」になるのだけれど、ダガーは基本ダメージは低めだがヒット回数の多さとクリティカル率の高さ、そしてクリティカルダメージが高いときているから、成長するともの凄く強いのだ。

Might and Magic X Legacy_2014_02_afw9_17_355
ついでに新しいダガーを購入(左側)

この武器屋はどうも中古品を扱う場所らしいのだが、この際それは気にせずにおくとしよう。両手メイスの新調時と比べると大した違いに見えないかもしれないが、これでもかなりパワーが増したことを体感できた。

さらに探索を続けると有能そうな雇用NPCを発見したのだが、その見た目と口調のギャップが素敵すぎる。

Might and Magic X Legacy_2014_02awf_14_480
この後姿で「俺」と言われてもね

トレジャーハンターの能力は魔法のアイテムを見つけるチャンスを15%上げて、見つけるゴールドが10%増えるというなかなか凄いものだけれど、雇用する賃金として見つけるゴールドの7%を持っていくらしいから、ゴールドに関しては少し増える程度だろう。

以前に星を観測したくて我がパーティーに着いてきている「学者エドウィン」の話をしたが、このまま連れ歩くのも忍びないし、目標の地点にたどり着けたら星を見る希望を叶えてあげるために別れようかと考えている。敵が有限ではなくけっこう早い間隔で復活するシステムであることが分かったからそこまで経験値+10%に執着することもないし、お金を取られるが「経験値+10%の学者ハジ+トレジャーハンターのジーン」コンビも良さそうだ。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0awf7_14_695
3人の息子クエストの最後の1人

武器屋のすぐ横で3人目の「カーク」を見つけたのだが、悪い奴らだしこれまでの2人は葬ってきているから、カークも倒してやろうと買ったばかりのダガーの試し斬りを行う。ファラガー屋敷でカーサルへの道を塞いでいた2人目「リップリー」のときはかなり苦戦したが、今回は最早いぢめに近い。もう瞬殺で3人目をあの世へ送り、気が引けるがソーピガルの母親の元へ報告に行くだけになった。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0fwa03_826
ザ・クラッグで最も重要な場所かもしれない砦内

海賊王クラッグ・ハックと水魔法のトレーナーでもあるシエルの2人だが、クラッグ・ハックに読み書きを教えたのはシエルらしい。話してみると海賊王は少し前に闇の魔法を使う何者かに呪いをかけられた為に体調がすこぶる悪いようで、病状を案じるシエルが「闇魔法に精通した有名なお医者さんがカーサルに住んでいると聞いています。その人の名前はキャスパー」という具合に1つのクエストを頼まれた。

キャスパーとは以前に出てきた人物であるが、10年前の「Heroes 6の戦い」の時に、1人めの主人公アナスタシアと組んで共にデーモンと戦った老人である。さらにこの町の港で船頭のようなオーク男が「レイダース(我々のこと)には協力しない」と口にして取り合ってくれなかったので、もしかすると海賊王の呪いを解いてあげると船でどこかに運んでくれたりするのかな。

早速キャスパーが住んでいるカーサルのスラム街へ行くわけだが、一度「ザ・クラッグ」に訪れたということで、船でカーサルとソーピガル、そしてザ・クラッグに自由に行き来することが可能になった。

Might and Magic X Legacy_2014_02_0af32_284
やっぱり重要な役所だったのか

キャスパーは二つ返事でザ・クラッグへの旅路を了承してくれたので、次回は彼を連れてザ・クラッグの砦へ向かうところから始まる。というかアナスタシアは出てこないのかい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター